シミやしわ対策ならレーザー治療が効果的!美容施術アドバイザー

汗の症状への美容整形

注射器

周囲の温度や緊張などの気分の変化に関わらず、主に手足に大量の汗をかいてしまうことを多汗症といい、改善には専門的な治療が必要です。多汗症の治療は主に美容外科で行われており、主流の方法にはボトックス注射と汗腺の摘出があります。ボトックス注射では制汗効果のある成分を直接患部に注射することで発汗量を抑える手術法で、手術時間の短さと定期的な治療の必要性という特徴があります。一方、汗腺の摘出は本格的な手術を伴うもので、発汗の原因となる部位を直接取り除くことで多汗症を改善する治療法です。全身の発汗量自体が変わるわけではないので背中など他の部位の汗が増えることがありますが、多汗症治療の中で最も効果が高い方法です。以上、2つの治療法を理解して医師と相談しながらどちらが最適かを検討しましょう。

多汗症治療を行う美容外科は増加しつつありますが、その背景には多汗症が遺伝しやすいということ、日常生活への影響が多いということの2つの理由があります。遺伝性を持つ多汗症は、たとえ親が治療を受けていたとしても子どもに遺伝することがあるため、患者数が減らない主要な原因となっています。また、特に手汗は事務作業などの仕事や握手の躊躇などプライベートにも大きな影響を与えるため、改善したいと願う方が少なくありません。以上のような事情から多汗症治療が人気となっていますが、同時に塗り薬などの処方薬を用いる方法など新たな治療法が開発されつつあります。多汗症に悩む方は、まずは近くの美容外科に相談してみることが大切です。